info@20pct.com
旭川支社 TEL:0166-76-1045
design peaks
love croft

NEWS更新情報

旭川市観光ポスターデザインコンペ

2017.05.01 | その他

昨年末、ADA(旭川デザイン協議会)管理の下、

四季を通じた旭川の魅力や特性を伝える

自然や食を表現したデザイン及び、

観光客の入込がピーク時に比べて減少する

冬期間に観光客を呼び込むために、

旭川にしかない冬のイメージを伝えるデザインと

特に海外に向けて本市の魅力をPRできるものとする。

という考え方をテーマに

旭川市観光ポスターデザインコンペが行われました。

 

その中で、20%から最優秀賞が2点。入選が1点という

がんばったで賞ごほうびをいただきました。

 

今回の募集は

1.旭川の四季や食をイメージした通年使用できるもの 

2.冬の定番イメージ                

3.旭川を売り込む独創的な「冬」を表現したものの3種類。

そして、その中の2カテゴリーから3人が選ばれました。

 

それでは、賞をいただき採用になった2作品と

入選を果たした1作品をご紹介。

 

1.旭川の四季や食をイメージした通年使用できるもの

最優秀賞(採用):やはずのよしゆき

コンセプト

道外・海外の人たちにわかりやすく

「ASAHIKAWA」のタイポグラフィをメインビジュアルに、

旭川の魅力や特性を伝える自然や食を配し、

ストレートに旭川(ASAHIKAWA)の

四季のイメージを伝えるポスターとしました。

 

 

2.冬の定番イメージ

最優秀賞(採用):森 美弥子

コンセプト

旭川の雪が舞う真っ白い冬を表現しました。

旭山動物園でもおなじみのシロクマと雪に

WHITE WHITE WHITEとコピーを入れることで

海外の方にも、日本の方にもどこまでも白い旭川の冬を

想像してもらう事をねらっています。

 

 

入選:嘉奈 美幸

コンセプト

冬の北海道の魅力は凍えるような寒さと

見渡す限り白に染まることだと思います。

そこを魅力に感じて

旭川に来る人もいるのではないでしょうか。

真っ白に染まった川岸の写真で、

「川のまち」とも言われる旭川の魅力を

感じられるようなビジュアルとしました。

 

こうやって、チャレンジする場をつくってくれた

旭川市や旭川デザイン協議会に感謝をしつつ

自分たちのつくったポスターが

日本はもちろん海外にまで貼られる名誉をエネルギーに

これからもがんばってゆかなきゃね。

と思う今日この頃です。

 

ちなみに、旭川市のホームページでも紹介されてます。

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/10013/10014/d059794.html

 

とはゆーものの、あまりにも参加意識が低い旭川のデザイナー。

こっちもなんとかしなくちゃと思う今日この頃です。