info@20pct.com
旭川支社 TEL:0166-76-1045
design peaks
love croft

NEWS更新情報

ブォンジョルノ。

2015.10.31 | 会社のこと

10月21日から3泊5日でイタリアへ研修旅行へいってきました。

成田空港を出発しミラノ・マルペンサ空港まで約12時のフライト。

なかなかの移動時間、ビールを飲んで気持よく睡眠。

目を覚ますとイタリア!と思いきやまだ空の上。

やはり遠いなイタ~リア。

 

Italy_01

 

やすあきさん、森ちゃんコンビの

素敵なアテンドで無事イタリアの地へ。

ホテルに到着したのが夜でしたがメンバーは元気一杯。

 

Italy_02

 

早速、イタリアでの最初の晩餐。

ミラノ中央駅周辺でBARを探し、美味しい料理とお酒をいただき、

翌日からはじまるイタリア満喫コースに備えました。

 

いよいよイタリア満喫コーススタート。

ミラノの象徴と言われるドゥオーモ(大聖堂)の見学から始まり

Italy_03Italy_04

 

 

家具ショップ巡。

Italy_05

 

 

プラダ財団、ロッサーナオルランディ、アート&フード展を見学。

Italy_06

モデル気取り。。。愕然

Italy_07

 

作品との出会いは勿論、人との出会いがたくさんありました。

それと百貨店のディスプレイがかっこいい。

Italy_09Italy_10

Italy_08

 

 

 

2日目。ミラノ中央駅からベネチアへ。

水上バスに乗りムラノ到着。

Italy_11Italy_12

 

ガラス工場見学。

Italy_13Italy_14Italy_14b

Ercole Morettiのマルチェッロさん。

ナイスガイでした。

 

マルニ展、サンマルコ広場、

デザインスタジオKANZ Architettiを見学。

またまたとても素敵な方々や作品に出会いました。

イタリアは風景がすでにカッコよく、

イタリア人もいちいちカッコイイ。

Italy_15Italy_16Italy_17Italy_17b

KANZ ArchitettiのMauro Cazzaroさん。

Facebookで友達になりました。Thank you very much !

Italy_18

 

 

3日目は今回の研修の目玉、ミラノ万博へ。

2015年5月1日~10月31日(184日間)開催。

「地球に食料を、生命にエネルギーを」が博覧会のテーマで

110ha(約東京ドーム23個分)という広い会場に

140カ国が参加する巨大なイベントでした。

 

入場者の人数がすごくて、各国のブースの入場が2時間~3時間。

とんでもないイベントでした。

Italy_19

Italy_20

Italy_21

Italy_22

Italy_23

Italy_24

Italy_25

Italy_26

 

 

そして、いよいよ最終日に最後の晩餐。

見ちゃいました。本物。すてきでした。

セキュリティがすごかったです。

 Italy_27

Italy_28

 

イタリア研修旅行がスムーズに進み、

いろいろな人との出会いが出来たのは

素敵なアテンド&通訳をしてくれた山本さんが居てくれたからです。

ADWのクリエイティブディレクター青木さんのご紹介で

イタリアへ行く前からいろいろとお世話になった、

とっても元気で明るいスーパースペシャルウーマン。

ホントにお世話になりました。

感謝感謝です。グラーツィエ。

 

という刺激いっぱいのイタリアでした。

可愛い子もたくさんいました。これも刺激。

 Italy_29

 

もう少し時間が欲しかったです。イタリアは素敵なところでした。と

余韻に浸りながら・・・・。

 

さーて、仕事頑張ろ。チャオ!

 

で。

おまけ。

 Italy_30Italy_31

 

おいしゅーございました。

buono! buono!

 


いよいよフィナーレ

2015.10.01 | works

今年に入ってまだ雪のあるころから関わらせていただいた

北海道ガーデンショーが

よいよ10月4日をもって幕を閉じます。

 

garden_02

garden_01

 

期間中、大雨のせいで

閉鎖エリアができて復旧作業があったりと

心配ごともありましたがいよいよフィナーレです。

 

最初に制作させていただいた

ガイドブックのノンブルが128ページ

開催期間も128日間と

初めから何かの縁だったのでしょうか?

 

会場サイン関連、新聞広告、映像など

様々な制作物をお手伝いさせていただきました。

WORKSのページで制作物一覧をご覧いただけます。

日々、新規原稿の入稿と下版作業に追われる日々でしたが、

このような大きな、まさにザ・北海道というような

イベントに関われたことは良い経験になりましたし、

なにより楽しかったです。

新聞広告だと4ヶ月の間で何百段作ったんだろう?

(あんまり数えたくない数字です。)

 

garden_03

 

上川町役場、実行委員会、ガーデナー、新聞社など

多くの方々と関わらせていただき

こちらも経験値アップです。(喜)

 

garden_04

 

スタート当初とはまた色付きが変わった

北海道ガーデンショー会場に行ってみようと思います。

(雪ふるなよー)

 


Good なDesign のAward

2015.09.30 | その他

なんと、20%でグラフィックを携わらせていただいた

市場株式会社さまの「soroban(そろばん)」が

2015 年度のGOOD DESIGN AWARD を獲得しました。

 

news_soroban_01

※下記のアドレスよりご覧いただけます。

 

Congratulations !!!

 

グッドデザイン賞は、

様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、

顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、

そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する

「総合的なデザインの推奨制度」です。

 

なにかとお金のかかる賞ではありますが(愕然

いいデザインとゆーお墨付きをもらえた「soroban」。

 

企画・販売は兵庫県の市場株式会社さまですが

デザインと仕上げ(製作)は旭川で。

そしてグラフィックが20%とゆーことで、

旭川から世界へ飛び立った「soroban」です。

 

news_soroban_02

 

海外の見本市に出品するため

急いでつくったロゴマークとパンフレット。え?

海外向けなのでパンフレットは

写真で伝える「soroban」を目指しました。

受賞対象一覧ページにある企画・開発の意義にも

「国内外の地域に留まらず未来へと日本の文化・技術を

 伝えていくことが出来ます。」と書かれてます。

 

参照

http://www.g-mark.org/award/describe/42077?token=kGhHtfMXfk

 

日々、目の前の仕事をコツコツと

丁寧にこなすことはもちろん大切ですが、

旭川からもっと外へも届けられるデザインに携われる機会を

今後もっとつくってゆきたい今日この頃です。

 

news_soroban_03

 

とゆー、おめでたいニュースなので、

元気よくそろばん振ってみました。

ひゃっほぉ~~~~~っ

 


fivesenses

2014.12.06 | works

むかし「sixsenses」てゆー映画がありましたよね。

あれ、始まって5分でオチがわかった気がしたけど

やっぱオチはその通りで凹んだことを思い出しました。

 

じゃなくて……………(困惑

 

今回の20% news は「五感食のすすめ」とゆー

新しいビジネスのお手伝いしたお話です。

 

gokan_01

 

「五感食のすすめ」

これは、起業支援プログラムの一環としての

旭川ビジネスプランコンテストで賞をもらったビジネスで

「食事のつらさを和らげる、食べ方のヒント」と題し

がん患者の方々が食の喜びを再び感じられるような

食器セットをつくって販売するための

ロゴとパッケージとSPツールをつくらせていただきました。

 

って………なにゆってるかよくわかんないでしょ。(笑

 

えぇ~~~と。。。

これは、元看護師だった方が、がん患者をケアする上で

もっとこんなんだったらいいのに……

と思ったところから考えたアイディアで

話すと長くなるので下記のwebを見てください。(放置プレー

 

gokan_02

http://gokan-shoku.com

 

 

この食器、パッと見た目は普通(怒られそう。。。怯)なんですが

旭川では有名な北の嵐山にある大雪窯オリジナルの食器なんです。

 

患者さんのことを考えて、少しでも温かみを感じてもらえるよう

普通の食器よりも厚みを持たせたりと、

触った感や色合いなどにこだわって

とにかく心地よさを追求してこさえてもらった食器。

 

gokan_04

 

で。。。この食器すぐれもので、

コンビニで売ってるよーな幕の内弁当を盛りつけするだけで、

なんと……ちょっとお高い小料理屋さんの

メニューのよーな感じに大変身しちゃうところなんです。。。

 

えぇぇぇ~っ。。。コンビニ弁当がこんな変わっちゃうわけ?

ってな感じです。まぢで。。。まぢ。(驚愕

 

gokan_03

gokan_05

 

入口的にはちょっと重いテーマ(コンセプト)ですが、

考え方としてはそーゆー患者さんばかりでなく

これからどんどん増えるであろう

年配者たちにも広がりを持たせられそうなビジネスなので

がんばってほしいと応援しまくりな今日この頃なんです。

 

なので、

みなさまも、ぜひ五感で感じてみてください。

 

とゆー食器のロゴやパッケージやパンフレットは

20%のゴ~ルデンコンビ

スティーブ&ジャニカの連係プレ~でした。

gokan_06

左:ジャニカ 右: スティーブ

 


おいしいお酒を

2014.11.23 | works

一年の収穫に感謝する新嘗祭(にいなめさい)の今日

しゅしゅしゅぅ~っとお届けするニュースは

名板、橋歴板、銅像、表札・記念プレートなどを製作・販売する

旭川の鋳物会社アルブロさんが新たなものづくりにチャレンジした

錫(すず)製酒器のおはなしです。

 

kamikura_01

 

名前は「神座」とゆいます。

神秘的な(?)ネーミングですね。

で。

これ「かみざ」って読むんじゃないですよ。

「かみくら」と読みます。「か・み・く・ら」。

神楽の語源です。

 

神座のブランドコンセプトは、「ROOTS(根)」。

原点=鋳物から出発したものづくりを通して、

みんなで笑顔をつなげ

地域から新たな世界へ根を伸ばしていこぉ~~~

とゆー思いから名付けられました。(ロ~ラ作)

 

kamikura_02

 

その神秘的なネーミングを迎え撃つロゴのデザインは

サッカー小僧ルイと、りもりもりちゃんの合せ技一本。

 

kamikura_03

 

パッケージは器の形をイメージさせるスリーブに

「神座」のロゴをシンプルに添えたシリーズです。

 

先行しておちょこが販売されましたが

今後お酒を温める「ちょろりん」もラインナップに登場します。

 

kamikura_04

 

さぁ~さぁ~、お酒好きなそこのあなたっ!!

古くからこの錫の酒器で日本酒を飲むと、

「錫の器に入れた水は腐らない」や

「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」などと言われる

チョベリグゥ~なアイテムです。

 

これからぐぐっと寒い季節が到来。

おいしいお酒をお呑んでカラダもココロも

ホカホカに気持ちよぉ~くなってください。

 

kamikura_05

※只今絶賛web制作中。まもなくオープンします。